【200g】コスタリカ ラ・キャンデリラエステート FW(中煎り)
5e93ef06e5502808875cfae6 5e93ef06e5502808875cfae6 5e93ef06e5502808875cfae6 5e93ef06e5502808875cfae6 5e93ef06e5502808875cfae6 5e93ef06e5502808875cfae6 5e93ef06e5502808875cfae6

【200g】コスタリカ ラ・キャンデリラエステート FW(中煎り)

¥1,500 税込

送料についてはこちら

コスタリカ ラ・キャンデリラエステート FW 【生産国】コスタリカ 【地域】タラス 【農園】ラ・キャンデリラ農園 【標高】1400〜1600m 【品種】カトゥーラ 【プロセス】フリーウォッシュド 【キーワード】グリーンアップル、オレンジ、グレープフルーツ、ブライトアシディティ、シュガーケイン、シロッピーマウスフィール 【プロフィール】 高品質なコーヒー産地として中米でグアテマラと並び有名なコスタリカ。 例えばロブスタ種の栽培が禁止されていたりと、生産方法に及ぶ内容で国を挙げて品質の底上げや維持に尽力しているのがわかります。 タラス地区の標高1,500mにマイクロミル LA CANDELILLA(ラ・カンデリージャ)があります。 コスタリカ・スペシャルティコーヒーの元祖といえる2000年に設立、スペシャルティによって生まれた収益を蓄え2015年よりウェットミルを一新、品質をさらに上げることで消費者に還元してくれています。 新しいミルでは果肉除去工程における品質の均一化が上がり、求めているクオリティをより確実に達成できるようになったそうです。 ピッキングしたチェリーの精度を測り、より精度の高いピッキングをしている作業者の賃金を上げるような取り組みをし、実際に収穫精度に大きな効果を生んでいます。 風通しの良い地形や、ホタルが出るほど綺麗な川を水源にするなど、地の利を生かした生産体制はその品質に裏付けされます。 果肉除去後の発酵プロセスのあとアフリカンベットで2日、コンクリートパティオで7日かけ、風を活かして100%天日乾燥します。 雑味のないクリーンさはコスタリカらしさ、グリーンアップルなど爽やかなフルーツの印象は上品さを感じさせてくれます。 爽快な酸味と、持ち合わせた甘みのバランスはこの豆の質の高さを主張しています。 爽やかさのあるスイーツとの相性がよく、華やかさと穏やかさも感じますので、何杯飲んでも飲み続けられるコーヒーだと思います。 【お好み探しのキーワード】 明るい印象、フローラル、香り豊か、華やか、コーヒー本来の甘さ、爽やかな酸味、フレーバーを感じる、フルーティ、透明感がある、 【店舗受取クーポンについて…】 WEBストアでご購入の豆を店頭受取して頂くと、ご来店時にコーヒーを1杯プレゼント致します。 お支払いの入力画面のクーポンコードの入力欄に、 「 tenpo2018 」と入力します。 5千円未満のご注文も送料無料扱いで処理され、購入合計金額を気にせずご注文が可能になりますので、ご来店可能なお客様については是非ともご利用くださいませ…